七葉

淡い花


午前4時の夢の終わりに,
午夜四点 睡梦终结之时,
白く揺らめく 君を追いかけた,
追寻着淡白摇曳的你,
窓の外は雨の音だけで,
窗外只有雨声滴答作响,
僕らは 僕らは 夜明けに溶けてゆく,
我们 我们在天明之中不停溶解消逝,
気づかない温度で,
以无法察觉到的温度,
忘れさせてくれないかい?
能否让我遗忘掉呢?
幼い僕の手が,
由年幼的我,
摘み取る 淡い花,
所摘下的 浅色之花,
(分かっているよ),
我是知晓的啊,
(笑っているよ),
所以微笑着,
街を歩く誰も知らない,
漫步于街中 被不曾有人知晓的,
花の匂いに 胸を踊らせた,
花香激起心中的波澜,
独りきりの空が傾いて,
在独自一个人天空下俯下头,
僕らは 僕らは,
我们 我们被,
よく似た影を引く,
极其相似的影子牵引着,
大人になる前に,
在成为大人之前,
履きつぶして捨てたんだ,
将其贯穿击溃然后舍弃,
だけど思い出して,
可依旧会回想起来,
同じ色 探すから,
因为彼此都在寻找同样的颜色啊,
あの日 きっと僕ら 毛糸のように,
那一天的我们 肯定如同丝线一般,
小さくなって 見えなくなって,
逐渐变得渺小 无法再被看见,
お互いの想い 胸に隱して,
把各自的思念 潜藏于心,
笑顔の奥で 泣いていたんだ,
但笑颜的深处 一定在哭泣着,
踏み出せないまま 飲み込んだ声,
无法迈出前进的步伐 之后哽咽下的声音,
小さくなって 見えなくなって,
逐渐变得微弱 无法再被察觉,
思いがけない言葉がこぼれた,
意想不到的言语倾泻而出,
サヨナラなんて 言いたくないけれど,
再见之类的 虽然不想说 可还是…,
窓の外の雨がきらめいて,
窗外的雨滴在闪烁不停,
僕らは 僕らは,
我们 我们,
静かに離れてく,
就这么寂静的离开,
終わらないトワイライト,
在这无法终结的黄昏之中,
吹き消してまいたいよ,
渴望着被吹飞散尽,
答えを秘めたまま,
怀揣着未知的答案,
聴かせて もう一度,
再一次 让我聆听到,
今も そっと抱いた はかない夢が,
现在也依旧 轻轻拥抱着 虚幻的梦境,
小さくなって 見えなくなって,
逐渐变得渺小 无法再被看见,
仮面の自分を 捨てられなくて,
无法舍弃那个戴上假面的自己,
泣いていたんだ 泣いているんだ,
就这么哭泣着 眼泪不止,
踏み出せないまま 飲み込んだ声,
无法迈出前进的步伐 之后哽咽下的声音,
小さくなって 見えなくなって,
逐渐变得微弱 无法再被察觉,
思いがけない言葉がこぼれた,
意想不到的言语倾泻而出,
サヨナラなんて 言いたくない,
再见之类的 我本不想说,
だけど きっと僕ら 毛糸のように,
但是 我们肯定就如丝线一般,
小さくなって 見えなくなって,
逐渐变得渺小 无法再被看见,
お互いの想い 胸に隱して,
把各自的思念 潜藏于心,
笑顔の奥で 泣いていたんだ,
可笑颜的深处 一定在哭泣着,
それでも 君の名前を呼ぶんだ,
就算如此 我也呼唤着你的名字,
小さくなって 見えなくたって,
就算逐渐变得微弱 无法再被察觉,
行方も知れない願いに花を,
祈愿连行踪都无法知晓的愿望,
咲かせるように,
可以让花儿盛开一般,
白く 淡い花を,
那朵纯白而淡雅的花儿啊。

分享近藤隆/柿原徹也的单曲《淡い花》http://music.163.com/song/29734593/ (@网易云音乐)

评论